2016年11月 8日

KM-X

KM-X

Km-X とは?Km-X とは?イスラエル軍で開発され、実戦的かつ速習可能なことですでにわが国でも広く知られつつあるクラヴマガ。男性でも女性でも体力、体格に関係なく実戦的な護身術が身につくことで有名ですが、成人に比して著しく体格も小さく体力も無い子どもたちにとっては、成人と異なる事情が存在するのも事実です。

子どもの身体的特性を十分考慮のうえ、たとえ相手が大人であっても危険時にいかに自分の身を守るか、その技術・体力・心構えを教育的かつ実践的に育むことを主な目的に開発されたのが、子ども向けクラヴマガトレーニングプログラム km-Xです。

トレーニングの特徴 ~ready for life~トレーニングの特徴 ~ready for life~km-Xは子どもたちに実戦的な護身技術を教授するとともに、身体の発育を促進させ、子どもの成長にあたって必要なライフスキルを提供します。クラスは楽しく、創造的。子どもは個性豊かで様々な特徴がありますが、インストラクターはそんな個性を活かすべく、個々のレベルと感性にあわせてクラスを運営します。参加するすべての子どもたちにとってチャレンジングな時間と空間になることでしょう。

km-Xトレーニングプログラムは、以下に記載する4つの事項について、その重要性を子どもたちに伝達し、育成を図ります。

1. 万が一の危険から身を守れるように1. 万が一の危険から身を守れるように近年、子どもを狙った犯罪件数は増加傾向にあり、子どもが安全に暮らせる社会環境からは徐々に離れつつあると言わざるを得ません。学校や地域コミュニティも子どもの安全確保に向けて様々な活動をしていますが、残念なことにそれだけで十分とは言えないかもしれません。

そこで大切なのは、子どもたち一人一人が安全確保の重要性をしっかりと自覚し、それにむけたトレーニングを重ねること。周囲の危険の察知能力・判断能力をトレーニングを通じて育成し、万が一の危険に直面した際には自分の力で危険から回避できるだけの技術と体力を養う必要があります。

それらの点に着眼してつくられたプログラムがkm-X。子どもの目線と立場にたち、トレーニングを通じて現実的かつ効果的な護身の技術と体力、心構えを、護身のエキスパートであるクラヴマガ・ジャパン インストラクターが提供します。

一方で、クラスで習った護身や打撃のテクニックは、いざという危険時には有効に働く反面、日常生活で不要に使用しては絶対にならないもの。好奇心旺盛な子どもたちが誤ったシーンで使用することなきよう、道徳教育を徹底します。

2. 様々な運動を通じた身体の育成・運動能力向上2. 様々な運動を通じた身体の育成・運動能力向上クラヴマガ経験者であればよくご存知のことですが、クラヴマガのトレーニングは常に五体を使った全身運動。有酸素運動、無酸素運動をバランスよく取り入れ、いざという危険時でも動ける身体を育成します。それはkm-Xにおいてもまったく同様。

km-Xは五体・五感を存分に使ったトレーニング。子どもたちの身体の発育促進や運動能力向上に大きく寄与することは言うまでもありません。また、育ち盛りの子どもたちは、動くことから多くを学びます。動くことにより自分自身の認識力を高め、その結果自分を取り巻く世界の認識力が高まり、正しく見て、判断する力につながります。そしてそれは、1.に記載した危険から身を守るうえで必要な要素である「周囲の危険の認識力」育成にも直結します。

3. 精神力の育成3. 精神力の育成クラスには体力的にも精神的にもハードな要素が多く含まれており、子どもたちは数多くのハードルを乗り越えていかねばなりません。その過程では、全力でもの事に取組む力や最後まで諦めずにがんばる力が育まれ、発育途上で必要な精神力を養うことができます。

子どもの時に養われた精神力がその後の長い人生を送る上で大きな影響力を持ち、いかに大切であるかは言うまでもありません。

4. クラスを通じた様々な経験4. クラスを通じた様々な経験子どもの吸収力はスポンジのように強力。体力的にも技術的にも、以前はとてもできなかったことが、度重なるトレーニングを通じて身につき、「できる」ことに様変わりします。それを子どもたちが実感することは彼らの自信につながります。

自分はやればできるんだ、という前向きな姿勢や、もっとやってみようという主体性や積極性も育むでしょう。また、物事に対する集中力やスポーツマンシップが植えつけられることはもちろん、他の子どもたちと触れ合うことでチームワークや互いを思いやる気持ちも身につきます。

km-Xに参加することを通じて、子どもたちが安全に、そして心身ともに明るく健全に成長していくことが、私たちクラヴマガ・ジャパンの願いです。

クラススケジュールKrav Maga Youthは、クラヴマガ・ジャパン 青山スタジオにて、以下のスケジュールでクラスが定期開催されています
※ お盆、年末年始を除く。イベント等の都合上でクラスが開催されない場合は都度ご連絡致します。

青山スタジオ
土曜日 11:45~12:45

加入方法6歳~12歳 (※) の日本在住の小学生 (男女ともに)。心身ともに健康に異常なく、伝染病に感染していない児童。加入にあたっては、保護者の方の同意が必要です。
※ 6~12歳以外のお子さんでもクラス参加上、支障がないと判断される場合は、受講頂くことができます。お問合せ下さい。

新規メンバー募集要項クラス開始日クラスは、いつからでも参加できます。募集対象スタジオクラヴマガ・ジャパン 青山スタジオ費用加入時に、2ヶ月分の月額費用とスポーツ安全費用の合計額をお支払い頂きます。翌々月より口座振替にて、毎月自動引落とし。
※都市銀行以外の金融機関の方は、事務手続き上お時間を要しますのであらかじめご了承下さい。

Weapon とは

Weapon とは

Weaponでは、ナイフ、ステック、ハンドガン、ロングガンなど武器を持った相手に対する護身テクニックのトレーニングを行います。
クラヴマガの護身システムは、相手の脅威レベルに応じ反射と理論に則った実戦的且つ実際に使えるテクニックで構成されています。
それは相手が素手でも、たとえ凶器を持った状態であっても原則は同じであり目前の脅威を排除することを最優先します。

このクラスでは、武器に特価した「考え方」及び「対処法」など気をつける動作ポイントの基本から応用まで一つ一つ掘り下げてトレーニングします。
武器に対する対処法をもっと詳しく練習したい方、また入会間もない方、体力にあまり自身がない方にもお安心して参加していただけるようカリキュラムを組んでおります。

Weapon とはWeapon とは

開催曜日と時間市ヶ谷トレーニングセンター:木曜 18:45~19:45
担当:クラヴマガ・ジャパンインストラクター

費用とコース(KM-X)

1. 加入費用加入費用 (入会金): 10,800円
スポーツ安全保険: 800円

2. 月額費用
6,480円/月の定額料金となっています。毎月27日に翌月分の月額費用を口座振替にてお支払い頂きます。

スポーツ安全保険全てのメンバーに、スポーツ安全保険に加入頂きます。スポーツ安全保険は、クラヴマガ・ジャパンのトレーニング実施中とスタジオと自宅の往復中に発生した事故に限り、傷害保険と賠償責任保険が適用されます。

制度の詳細はスポーツ安全保険ホームページをご覧下さい。

なお本保険は加入の時期を問わず、4月1日~翌年3月31日までの1年間単位での申込 (保険料 800円) となっています。

Krav Maga Youth

Krav Maga Youth

Krav Maga Youth とは?Krav Maga Youth とは?2002年より日本に上陸し、実戦的かつ速習性が高いことからすでに護身術として広まっているクラヴマガ。クラヴマガ・ジャパンのスタジオ (市ヶ谷スタジオ/青山スタジオ) 所在の東京をはじめ、大阪、名古屋、福岡などの主要都市でもセミナーを通じて受講者の数は年々増えています。

2009年7月、7歳~12歳の小学生を対象とした「km-X」が開始。児童に対する犯罪が増えつつある今日、保護者の方々からの関心も高く、開設以来元気あふれるクラスが日々行われています。

そしてクラヴマガ・ジャパンは2010年、12歳〜17歳 (中学生・高校生) の男女を対象としたクラヴマガ プログラム「Krav Maga Youth (クラヴマガ ユース)」を開始致しました。

Krav Maga Youth とは?Krav Maga Youthはクラヴマガの実戦的な護身テクニックと、必要な体力を身につけることを目的とした中高生向けカリキュラムです。また護身術とは、実戦的なものであればあるほど使い方を誤ると自ら事故を生みかねない、危険性も併せもつもの。そうならないようなしっかりとした認識が不可欠であり、護身術を身につけるうえで必要な心構えや諸注意なども重点的に扱って参ります。

成人向けプログラム同様、有酸素・無酸素運動をバランスよく組み入れた全身をくまなく使うカリキュラムですので、身体を鍛えるトレーニング効果も大きいKrav Maga Youth。以下にその特徴を記載します。

Krav Maga Youth 3つの特徴1. 中高生にとって実戦的な護身手段の追求1. 中高生にとって実戦的な護身手段の追求万一危険が生じたときでも、自分の身は自分で守れるように・・・。これは成人、未成年に関わらず誰もがそうありたいと思ってはいるものの、世界的に見たら比較的安全なわが国では、万が一の危険に対し、何らかの備えをしている人は決して多くないかもしれません。中高生のうちからその備えをしておくことで、リスク回避能力を、より高めることができます。

一方で、未成年者が刑法犯の被害者になるケースは依然高く、特に暴行や性犯罪の被害者になる割合も突出しているのが現状です。子どもと大人のちょうど境目であるこの世代こそ、世の中で発生している事件を対岸の火事と思わず、自分も遭遇しかねない現実的な危険と認識していかなければならないのかもしれません。

周知のとおりクラヴマガは、老若男女問わず、いざという危険が生じた際に、即効性と実用性の高さから実戦的に自分の身を守ることがができる大変すぐれた護身術。前述のような環境にある中高生にとって、無縁であるはずがありません。

1. 中高生にとって実戦的な護身手段の追求Krav Maga Youthプログラムは、クラヴマガ・ジャパンのベテランインストラクター陣が、クラヴマガの護身技術を中高生にとって一番適した形でカリキュラム化したもの。事件に遭遇しないためにはどういう注意が必要か、万が一の場合はどんな対処ができるのかを、実戦的かつ教育的にトレーニング致します。

2. 瞬発力・持久力アップ、運動能力向上に直結するトレーニング2. 瞬発力・持久力アップ、運動能力向上に直結するトレーニング自分の身を守るということはテクニカルな技術によってのみ成り立つわけではなく、危険時でも動ける五体を養っておくことがすべての前提です。

Krav Maga Youthのトレーニングは有酸素運動、無酸素運動をバランスよく取り入れ、いざという危険時でも動ける身体を育成します。クラス最初ののウォーミングアップやストレッチに至るまで、護身に役立つ動ける身体づくりを視野に入れ、パンチやキックなどの打撃トレーニングでは上半身、下半身くまなく、瞬発力、持久力ともに強化します。

2. 瞬発力・持久力アップ、運動能力向上に直結するトレーニング運動能力の育成という点では、中高生の時代に身体をしっかり鍛えているかどうかはとても重要。まさに身体の礎ができるこの時期にクラヴマガのトレーニングを積むことは生涯に渡って貴重な経験になるでしょう。

各人のレベルにあわせてインストラクターが運動強度を設定するため、スポーツの得手・不得手や運動部に所属している、いないに関わらず、誰でも始めることができるのも大きな特徴です。

3. 適切な心構えの準備3. 適切な心構えの準備クラヴマガは元来、イスラエルの軍隊向けに開発された接近戦闘術であることからも分かるとおり、とてもアグレッシブな護身システム。そのテクニックの多くで護身動作とカウンターアタック (相手への反撃) が一体となっており、使用する方法やシーンを間違えると、逆に相手に不要な危害を加えることにもなりかねません。

3. 適切な心構えの準備それゆえ、成人と比較して社会経験が少ない中高生にとっては、護身術を使用するうえでの正しい心構えと注意についての習得が必要不可欠。口頭での説明のみならず、クラスを通じて身体で覚えていくことによって、適切な心構えの準備ができていくものと考えます。心技体のすべてをバランスよく身につけていくことに高い優先順位をおいているのも、Krav Maga Youthの重要な特徴です。

クラススケジュールKrav Maga Youthは、クラヴマガ・ジャパン 青山スタジオにて、以下のスケジュールでクラスが定期開催されています
※ お盆、年末年始を除く。イベント等の都合上でクラスが開催されない場合は都度ご連絡致します。

青山スタジオ
日曜日 15:00~16:00
木曜日 17:40~18:40

※ 国民の祝日 (土日除く) は開始時刻が2時間繰り上がって開催されます。クラス開始時刻をお間違い無きようご注意下さい。

加入方法12歳~17歳 (中学生・高校生) の日本在住の男女。
心身ともに健康に異常なく、伝染病に感染していないこと。
加入にあたっては、保護者の方の同意が必要です。

新規メンバー募集要項クラス開始日Krav Maga Youthクラスはいつからでも参加出来ます。募集対象スタジオクラヴマガ・ジャパン 青山スタジオ費用加入費用 (入会金)、2ヶ月分の月額費用とスポーツ安全保険料の合計額を、初期費用として加入時にお支払い頂きます。
※都市銀行以外の金融機関の方は、事務手続き上お時間を要しますのであらかじめご了承下さい。

費用とコース(Krav Maga Youth)

1. 加入費用加入費用 (入会金): 10,800円
スポーツ安全保険: 1,850円

※ 中学生のスポーツ安全保険費用は800円になります。

2. 月額費用
8,640円/月の定額料金となっています。毎月27日に翌月分の月額費用を口座振替にてお支払い頂きます。

スポーツ安全保険全てのメンバーに、スポーツ安全保険に加入頂きます。スポーツ安全保険は、クラヴマガ・ジャパンのトレーニング実施中とスタジオと自宅の往復中に発生した事故に限り、傷害保険と賠償責任保険が適用されます。

制度の詳細はスポーツ安全保険ホームページをご覧下さい。

なお本保険は加入の時期を問わず、4月1日~翌年3月31日までの1年間単位での申込 (保険料 1,850円) となっています。
※ 中学生のスポーツ安全保険費用は800円になります。

クラヴマガ・ジャパン 特別講師

松下 タイケイ (Taikei Matsushita)松下 タイケイ (Taikei Matsushita)2007年6月、アメリカ ミネソタ州で開催されたRKC (ロシアンケトルベルチャレンジ) インストラクターコースに参加、日本人初のインストラクター資格を取得。以来RKCスタイルのケトルベルトレーニングや関連ストレッチ、レメディアルドリルを、格闘家やアスリートに指導。クラヴマガでは、2002年のクラヴマガ・ジャパン開設初期からトレーニングを続け、現在ブルーベルトを保有する。

宮川 博孝 (Hirotaka Miyakawa)宮川 博孝 (Hirotaka Miyakawa)生年月日 1979年6月17日
出身地 静岡県三島市
身長 / 体重 165cm / 62kg
血液型 O型
バックボーン 空手 ボクシング
主戦場 DEEP

幼い頃から類まれな運動神経を発揮。その後も剣道を続ける傍ら空手にも興味を持ち、高校3年時に極真空手に入門した。20歳で総合格闘技に目覚め、2001年4月にはリングス前田道場に"通い"入門すると、当時シアトルで修行中だった高阪を訪ね、2001年10月に高阪が創設したALLIANCEに参加。数々のアマチュア大会を経験し、2004年9月のZST6でプロデビューを果たした。

以後、ZSTではリトアニアのアンジェ・クジェネフスキーを開始わずか42秒ヒールホールドで秒殺すると、同年11月から始まったZST-GP2に参戦。初戦のマイク・フレンチを1R4分フロントチョークで下すと、準決勝ではレミギウス・モリカビュチスに敗れはしたが、ZST-GP2ベスト4に入る活躍をみせた。

渡辺 悠太 (Yuta Watanabe)渡辺 悠太 (Yuta Watanabe)生年月日 1984年9月28日
出身地 新潟県長岡市出身
身長 / 体重 180cm / 85kg
血液型 O型
バックボーン レスリング ゴルフ
主戦場 DEEP M-1
第7代DEEPウエルター級現王者

幼少より野球に打ち込み、中学から始めたゴルフでは新潟県チャンピオンにまで登り詰める。しかし、高校3年で突然格闘技に目覚めると、レスリング部に入門。レスリングの名門校で知られる 埼玉栄に通っていたことが幸いし、短期間ながら飛躍的な上達をみせる。2002年には、高校卒業と同時にALLIANCE-SQUARE (G-スクエア) に入門。恵まれた体格と、たゆまぬ努力が実を結び、2003年にはJTC西関東大会で優勝。全国大会でもベスト4入り。2004年11月には、ZSTでプロデビューを果たし、クラフターMを相手に一本勝ちを収めると、翌年5月には自身初のKO勝利を挙げた。

2006〜2007年では、その主戦場をDEEPに移すと、club DEEP東京大会で濱田順平を撃破。引き分けを挟み、大堀竜二、カルロス・トヨタ、相川祐哉を相手にDEEP3連勝を飾り、同年12月のDEEP33 IMPACTでは、HERO'S韓国大会にも出場したホ・ミンソクから、見事な逆転判定勝ちを収め、確かな結果を残した。

また、2008年には、M-1日本代表に選出され、4月の『M-1 Challenge』サンクトペテルブルク大会では、アンサー・チャランゴフに一本勝ち。7月のジョーンズ・ジェイソン戦、12月の内藤征弥では 悔しい連敗を喫したが、2009年9月の『DEEP HAMAMATSU IMPACT』ではジョン・バチスタに快勝し、再起に成功した。その後もDEEPのリングで着実に勝ち星を伸ばし、現在DEEPウェルター級王者に最も近い選手である。

■ 担当クラス
日曜日 青山ストライク 12:50~13:50/MMA 13:55~14:55水曜日 青山ストライク 20:55~21:55/MMA 22:00~23:00

大川 かおる (Kaoru Okawa)大川 かおる (Kaoru Okawa)ジャパンアクションクラブに2年在籍
2011年にキックボックス養成卒業
2012年からスポーツクラブや格闘技ジムでムエタイを指導
古式ムエタイ6KHAN取得

■ 担当クラス
木曜日 青山ムエタイストライク 10:40~11:40金曜日 市ヶ谷ムエタイストライク 10:40~11:40土曜日 市ヶ谷ムエタイストライク 09:35~10:35
大川 かおる (Kaoru Okawa)

今成 正和 (Masakazu Imanari)今成 正和 (Masakazu Imanari)1976年2月10日生まれ、日本の総合格闘家。神奈川県秦野市出身。Team ROKEN所属。ブラジリアン柔術黒帯。

元DEEPバンタム級王者
初代DEEPフェザー級王者
初代Cage Rage世界フェザー級王者

足関節技、特にヒールホールドを得意とし、「足関十段」の異名を持つ。その独特の風貌とトリッキーなファイトスタイル、極めの強さと常識外れの足関節技で人気を得ている。

■ 担当クラス
金曜日 市ヶ谷Grappling 18:45~19:45

まずは、お問合せください

24時間受付中